あっついですねぇ。各位ご自愛を・・・(適当)。


 さて、キャストホイール化に向けた下準備やら迎撃(検問)やらと先週末は
やることいろいろ。自賠責も再加入済ませて延命を図り、グリップヒータも装着完了。


 でも記事になかなかできないレベル。


 グリップヒータが必要になるのって、冬場の極寒期なんですよねぇ・・・←3℃位に
ならないと仕事でもグリップヒータ入れない人



 べ、別にそんちょのカラダが寒冷地仕様って訳じゃないんだからね!




 そろそろ気分変えたいなぁ・・・っと思い始めたのは今年の春先。
昨年夏にスライディングコミネガシャーニング(要は鉄板踏んづけてスッテンコロリンした)して
交換したフロントフェンダーを、気分晴らしにしてた片付けで見つけ、あの時の
失敗を思い出し笑いしながらふと思った・・・。


 ・・・車体の色変えちゃえ★ 全塗装ヒャッハーヾ(‥ºั▽ºั‥ )ڡ≡)`Д゚);、;’.・”ウゎラバ!




 でも流石に本体の樹脂部分は塗装の仕上げに自信が持てなかったので、とりあえず
新古の角目110(JA10)の外装部品を入手し、フェンダーのみ自家塗装の計画に。

 なお、今回使用した塗料は、塗膜の頑丈さと入手のしやすさ(ド田舎のホームセンタ
でも買えるレベル)などを考慮し・・・


JPGイサム塗料の「エアーウレタン(ブラック)」。

 近所のホームセンタで実売価2,130円(今年の6月頃)。
塗料としてはちと高いが、その分艶があり、耐久性もラッカーなどと比べ格段に高い
ことからラッカーの塗り直しなどのコスト面と両天秤にかけ、結果ケチらず即買い。



 では参ろう。




① まずフロントフェンダーを外しやすくするために、フロントホイール(タイヤ)を外し、
フェンダー内側のボルト4本を外す。

 これでフェンダーは外れる。


 ※注※フロントタイヤを外すとバランスが崩れて車体が前のめりに倒れてくるので、
フロントフォーク下かクランクケースに、車体が安定する程度の大きさの箱などを
入れると吉
(G1のオイルの空き缶(1L)ならクロスカブのクランクケース下にちょうど収まる(笑))


② 外したらまず塗装面と内側の汚れを中性洗剤などでしっかり洗い、パーツクリーナ
等で脱脂しておく。


③ そして塗る。新聞などで周囲の養生をお忘れなく。
JPG
 ここではまず内側から。

 スプレータイプのため、薄塗りでもかなり滑らかに仕上がるので、慌てず騒がず、
1日かけてじっくり塗装。
上塗りする際の乾燥時間が10~20分と短いのもウレタン塗料ならでは。
慌てず、薄~く、1回目は下地の黄色がまだらに見える程度でも十分。
2回目以降も同じくらいの量を吹き重ねていく。

JPG
 内側5~6回重ね塗り終了後の姿。テカテカしてるぜ。


JPG
 表面も塗って塗って・・・スプレーの中身をスッカラカンになるまで吹いたら、
表面だけで14回も塗れた(驚愕)。


 そうそう、このウレタンスプレー、2液性といって、缶の中に塗料そのものの「主剤」と
ウレタンを固めるための「硬化剤」という2つの液体が入っており、吹き付け前にここの
説明書通りに混ぜることで頑丈な塗装をつくることができるというもの。

 ゆえに使用中(塗装中)も硬化は続いており、メーカーはその日のうちに中身全量を
使い切ることを勧めている。

 (実際、翌日に吹き出してみたらドロドロモロモロの塊になって使い物にならなかった)

JPG
 ガシャーニングフェンダーとの比較。


④ 乾燥。

JPG
 風通しのいい屋外で、じっくり乾燥させませう(直射日光が半乾きの塗装にとって
良いかどうかは不明)。


 尚乾燥時間はメーカーHP(上記リンク参照)によると、

・初期乾燥30分

・初期硬化乾燥60分

・硬化乾燥78時間 (気温20℃・湿度65%)

 ・・・だそうな。


 78時間って・・・78÷24=・・・

 3.25日!

 3日と6時間・・・ってところか。


 その間は仕方ないので、男の勲章、ガシャーニングフェンダでその場をしのぐ。


JPG
 チョッパーの意図のないフェンダーレス=マヌケ。



 ・・・ガマンして3日後、

JPG
 付けたのよ♥

JPG
 ここだけだと、ベンリィっぽくなる(謎

JPG
 塗りっぱなしで磨かなくてもこんなもん。

JPG
 近づいてはいけない(ボロが出る)。


 実は塗装乗りをよくしようとして、塗装面を光沢がなくなるまでワイヤーブラシ
(ステンレス)で擦りまくったため、擦り傷がそのまま塗装に浮き出てしまった失敗例。
見事なゆず肌だ・・・(恍惚)。


 敢えての使用感は想定の範囲内です(震え声)。


 樹脂外装と、クロスカブ純正の黒いレッグシールドと合わせたカラーリングで
ちょっとは見栄えのし出した二代目。



 更に二代目の過激なイメチェン(死語?)は続く・・・。




                               何だかやぁ。